意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

GREENDAY – Basket Case(1993)

HOME > GREENDAY – Basket Case(1993)

2018/10/22 (月) GREENDAY – Basket Case(1993)

前書き

この曲を初めて聞いたのは高校の1年の頃、まだ当時youtubeはなく
アーティストのPVは音楽番組でしか見ることができなかった時代でした。

初めてこの曲を聴いた時(正確にはPVを見たとき)、明るくキャッチーな
メロディと、一見やんちゃな感じの男前といった風貌のヴォーカルに一目ぼれし、
一気にこのバンドのファンになりました。それがGREENDAYとの出会いです。

当時は歌詞の意味は分かっておらず、この「ヴォーカル目の焦点が合ってないけどヤバイ人か?」
と思いましたが、PVでのこの感じは歌詞の世界観を表したものだったんですね。

歌詞と和訳

Do you have the time to listen to me whine
俺の愚痴を聞いてくれないか?

About nothing and everything all at once
全部さらけだすからさ、頼むよ

I am one of those
Melodramatic fools
おれは自分に酔った大馬鹿野郎の一人だ

Neurotic to the bone
No doubt about it
骨まで染みついているんだ、間違いないよ

Sometimes I give myself the creeps
時々自分がぞっとするほど嫌になるときがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が俺を欺こうとするんだ

It all keeps adding up
それがずーと続いていて

I think I'm cracking up
もう壊れてんじゃないかって思う

Am I just paranoid?
俺はただの精神病か?

Or am I just stoned
それとも頭がいかれちまってるのか?

I went to a shrink
こないだ精神科に行ったんだ

To analyze my dreams
精神鑑定してもらうためにね

She says it's lack of sex that's bringing me down
精神科医曰く、俺はセックス不足のせいでダメになっているって

I went to a whore
売春婦のところに行った時なんかは

He said my life's a bore
そいつは俺の人生は退屈で

So quit my whining cause it's bringing her down
嫌になるからそんな愚痴をこぼすのはやめてくれと言ってきた

Sometimes I give myself the creeps
時々自分がぞっとするほど嫌になるときがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が俺を欺こうとするんだ

It all keeps adding up
それがずーと続いていて

I think I'm cracking up
もう壊れてんじゃないかって思う

Am I just paranoid?
俺は本当にいかれちまったのか?

A ya-ya-ya

Grasping to control
精神を安定させる術があるなら

So I better hold on
自分にはそれが必要だね

Sometimes I give myself the creeps
時々自分がぞっとするほど嫌になるときがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が俺を欺こうとするんだ

It all keeps adding up
それがずーと続いていて

I think I'm cracking up
もう壊れてんじゃないかって思う

Am I just paranoid?
俺はただの精神病か?

Or am I just stoned
それとも頭がいかれちまってるのかもしれないね

洋楽歌詞から見る英会話の用例

Sometimes I give myself the creeps

の「creep」はコーヒーに入れるミルク製品ではありません。
気味の悪い、おぞましい、弱虫といったようなとてもネガティブな単語です。

Radio Head の代表曲である「creep」も「creep」である自分の不甲斐なさや
やるせなさを謳った名曲ですね。こちらもいずれ取り上げたいと思います。

GREENDAYのその他の曲

GREENDAYのオススメ曲

pagetop