意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

Greenday – Holiday(2004)

HOME > Greenday – Holiday(2004)

2019/02/21 (木) Greenday – Holiday(2004)

前書き

パンクロックの歴史を塗り替えたとも言われるGreenDayの偉大なアルバム
「American Idiot」からシングルカットされた曲です。

このアルバムは全体を通して、戦争とそれを主導するアメリカ政府を痛烈に批判しています。
この曲もMVの爆撃機のアニメーションが意味する通り、戦争を非難する内容となっています。

この表題の「Holiday」は、直訳すると「休日」となりますが、
それだと少しインパクトにかけますし、意味が通じません。

「Holiday」の語源はHoly Day = 「聖なる日」にあります。
また、Holidayの意味として「記念日」といったニュアンスもありますので、
歌詞の前後の内容からここでは「聖なる記念日」といった表現が妥当かと思います。

曲後半のノイズ音から始まる演説パートはすさまじいですね。
全部「ピー」音にしてしまってもいいくらいぶっとんだ内容です。

しかし、これだけ当時の政権を強く非難するということは
それを支持する者たちからの圧力や脅迫があったでしょう。
まさに命のリスクを掛けて生み出した名曲と呼べる一曲です。

歌詞と和訳

Say, hey!
ヘイ

Hear the sound of the falling rain
雨の降る音が聞こえるかい

Coming down like an Armageddon flame (Hey!)
アルマゲドンの炎のように次々と降り注ぐ

The shame
The ones who died without a name
知られることなく死んでいった彼らは
なんて無念なことだろうか

Hear the dogs howling out of key
To a hymn called "Faith and Misery" (Hey!)
「真実と悲哀」という名の讃美歌にむかって
音痴な犬が吠え散らかしている

And bleed, the company lost the war today
そして血を流し、軍隊は今日戦争に負けちまった。

I beg to dream and differ from the hollow lies
夢を見させてくれ、空っぽな嘘とは違う夢をさ

This is the dawning of the rest of our lives
これが俺たちの残りの人生の始まりだ

On holiday
記念日だ!

Hear the drum pounding out of time
リズムを外したドラムの音が聞こえないか

Another protester has crossed the line (Hey!)
抗議デモの連中が目の前を通り過ぎていく

To find, the money's on the other side
向こう側にある金を手に入れるために

Can I get another Amen? (Amen!)
もう一回お祈りをする時間はあるかい?

There's a flag wrapped around a score of men (Hey!)
群衆が星条旗に群がっているのが見えるだろ

A gag, a plastic bag on a monument
冗談じゃない、ありゃ記念碑にささったただのポリ袋だよ

I beg to dream and differ from the hollow lies
夢を見させてくれ、空虚で空しい嘘とは違うやつをさ

This is the dawning of the rest of our lives
これが俺たちの残りの人生の始まりだ

On holiday
聖なる日だ!

(Hey!)
(Say, hey!)

"The representative from California has the floor"
「カリフォルニア州議員様、あなたの演説の番です」

Zieg Heil to the president Gasman
大統領(ガス室の大量殺戮者)に敬礼を!

Bombs away is your punishment
爆撃は君たちへの処罰だ

Pulverize the Eiffel towers
エッフェル塔を木っ端みじんにしろ

Who criticize your government
政府へ反抗する奴らもろともな

Bang bang goes the broken glass and
爆撃と銃撃で窓ガラスを粉々にしろ、

Kill all the fags that don't agree
すべての敵対するカマホモ野郎たちをぶっ殺せ

Trials by fire, setting fire
これは裁きの業火だ、全てを燃やせ!

Is not a way that's meant for me
でも、これは俺の本意じゃない

Just cause (hey, hey, hey),just cause,
これが理由だ、これこそ戦争の口実だ!

because we're outlaws yeah!
だって俺たち(アメリカ)は無法者国家だからなあ!!

I beg to dream and differ from the hollow lies
夢を見させてくれ、空っぽな嘘とは違う夢を

This is the dawning of the rest of our lives
これが俺たちの残りの人生の始まりだ
I beg to dream and differ from the hollow lies
夢を見させてくれ、空っぽな嘘とは違う夢を

This is the dawning of the rest of our lives
これが俺たちの残りの人生の始まりだ

This is our lives on holiday
これが俺たちの人生の記念日だ!

洋楽歌詞から見る英会話の用例

「And bleed, the company lost the war today
そして血を流し、軍隊は戦争に負けちまった。」

ここでのcompanyは「企業」や「団体」というよりは、
軍隊の「隊」という意味になるかと思います。

アメリカ軍では「company」とは「中隊」を指します。

「There's a flag wrapped around a score of men
群衆が星条旗に群がっているのが見えるか?」

flagsは旗ですが、ここでは国旗、星条旗を指すでしょうね。

「Zieg Heil to the president Gasman
大統領(ガス室の大量殺戮者)に敬礼を!」

president = 大統領、Gasman = ガスの検針員 ですがそれでは意味が分かりませんね。

この文頭の 'Zieg Heil(ジーク・ハイル!)'はナチ式敬礼の号令です。
それを踏まえますとGasmanとはガス室の者、転じてホロコーストでの大量殺戮者のことです。

大統領とセットになっているのは、イラク戦争を始めたブッシュ大統領のことを
大量殺戮者と痛烈に非難する比喩表現と思われます。

Greendayのその他の曲

Greendayのオススメ曲

pagetop