意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

GreenDay – Macy’s Day Parade(2000)

HOME > GreenDay – Macy’s Day Parade(2000)

2019/02/26 (火) GreenDay – Macy’s Day Parade(2000)

前書き

「Macy’s Day Parade」はアメリカの小売りチェーン、
メイシーズが主催するサンクスギヴィングデイ(アメリカでは11月の第4木曜日)に行われるパレードです。

タイトルは「Macy’s Day Parade」ですが、
このパレードについて歌っているわけではありません。
このパレードの参加者たちを資本主義や金に捕らわれた、
生ける屍だと揶揄する現代社会へのアンチテーゼです。


「The night of the living dead is on its way
With a credit report for duty call
毎月送られるクレジットの請求書を持った
生ける屍たちが徘徊する夜

It’s a lifetime guarantee
そいつは生きている限りは有効で

Stuffed in a coffin “10% more free”
Red light special at the mausoleum
霊廟で大特価で売られてる
棺の中にまで入れられてる」

人々は生活の中で各種税金や光熱費、クレジットの請求に追われ
生きているうちは生涯それが付きまといます。
この調子だと死んだら開放されるわけじゃなく
天国でも支払いは続くんじゃないの?と皮肉っています。

そんな、金銭主義、物質主義の現代の中で
本当に自分が欲しているものはなんなのか、
というのがこの曲の大きなテーマです。

この曲の背景にはビリーの貧しかった少年時代があります。
子供の頃、貧しく手に入らなかった物の数々。
歌手として成功をおさめ、何でも手に入れられる大金を得た
わけなんですが何かが物足りません。

子供の頃はそれを願っていたはずなのに。

成功した今、自分は何を求めていたのか
ふと足元を省みてみると答えは


「A brand new hope
The one I’ve never known
今まで知らなかった、全く新しい希望

だった。ということです。

この「A brand new hope」が何なのか
についてはこの曲の聞き手の解釈に委ねられると思います。

歌詞と和訳

Today's the Macy's Day Parade
今日はメーシーズ・デイ・パレードの日

The night of the living dead is on its way
With a credit report for duty call
毎月送られるクレジットの請求書を持った
生ける屍たちが徘徊する夜

It's a lifetime guarantee
そいつは生きている限りは有効で

Stuffed in a coffin "10% more free"
Red light special at the mausoleum
霊廟で大特価で売られてる
棺の中にまで入れられてる

Give me something that I need
必要なものをくれないか

Satisfaction guaranteed to you
お前が品質を保証してくれよな

What's the consolation prize?
一体残念賞ってなんだよ

Economy sized dreams of hope
夢や希望も「お徳用」ってラベリングされてやがるんだ

When I was a kid I thought
子供の頃こう考えていた

I wanted all the things that I haven't got
大人になったら手に入らなかったもの
すべてを手に入れてやるって

Oh, but I learned the hardest way
Then I realized what it took
でも、苦しい道ノリで得た
経験が気づかせてくれたことがある

To tell the difference between
Thieves and crooks
A lesson learned to me and you
それは盗人とペテン師の違いさ、
俺とお前はそれを学んだんだ

Give me something that I need
本当に必要なものだけでいいんだ

Satisfaction guaranteed
品質保証付きのな

Because I'm thinking about
A brand new hope
The one I've never known
今まで知ることがなかった
全く新しい希望について考えていたら

Cause now I know
気がついたんだ

It's all that I wanted
それが俺の欲しがってたものだってさ

What's the consolation prize?
残念賞なんかいるかよ

Economy sized dreams of hope
夢や希望も「お徳用」って書いてあるし

Give me something that I need
本当に必要なものだけでいいんだ

Satisfaction guaranteed
満足できればそれで

Because I'm thinking about
A brand new hope
The one I've never known
俺が考えていた
未知の新しい希望

And where it goes
それが行先だろ

And I'm thinking about
The only road
The one I've never known
俺が考えていた、
今まで知りもしなかった
一つの道

And where it goes
それが答えだろ

And I'm thinking about
A brand new hope
The one I've never known
考えてはいたけど
今まで手に入らなかった、
全く新しい希望

Cause now I know
It's all that I wanted
今は分かったんだ、
それが俺の望むものだったんだってさ

洋楽歌詞から見る英会話の用例

「With a credit report for duty call」

duty callは義務的な訪問という意味がありますので、
毎月送られてくる「credit report 」請求ということでしょう。

「Red light special」

これは少し悩みましたが、「red light」は信号の赤信号のことです。
赤信号を無視する車を「red-light runner」などと呼ぶことがありますので、
赤信号を無視した特価。つまり、赤字覚悟の超お値打ち価格みたいなところでしょうか。

「Economy sized 」

お徳用。いっぱい入ってお得!


Greendayのその他の曲

Greendayのオススメ曲

pagetop