意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

Linkin’ Park – Faint(2003)

HOME > Linkin’ Park – Faint(2003)

2019/05/01 (水) Linkin’ Park – Faint(2003)

前書き

大ヒットアルバム「メテオラ」からのセカンドシングル。
Billboard Hot 100で48位にランクインしました。

とにかく曲とPVがかっこいい!

PVではバックステージ側からの強い逆光で、メンバーのシルエットだけが浮かび上がっています。
大部分でメンバーの背中が映され、顔は確認できませんが、自分もライブ会場にいるかの
ような臨場感を感じることができます。曲の後半で、落書きされた廃屋のような舞台上で
演奏するメンバーの姿が確認できるのも熱い演出ですね。

この「Faint」カラオケでも歌いたいのですが、いかんせんマイク・シノダさんの
ラップ部分が早すぎて口が回らない!残念。。

サビ以外はラップなんですが、メタルでハードロック調なサウンドに
全く違和感なくマッチしています。日本の曲でもロックナンバーに唐突に
ラップが入ったりしますがあまりかっこいいものではありません。
リンキンパークの巧みな曲作りに脱帽です。

ちなみにこの曲のタイトル「Faint」という単語は歌詞の中には登場しません。
よくスポーツなどで、相手を惑わすことをフェイントといいますが、「Faint」
は「とても弱弱しい、かすかな、薄い」といった意味があります。

例:faint moonlight ほのかな月明かり

名詞では「気絶する、卒倒する、失神する」といった意味もあり、
いずれも日本語のニュアンスとはかけ離れた意味ですね。

ここでのタイトルが持つ「Faint」の意味は、意中の相手に
注目してほしいけど、叶う可能性がかなり低い様子がうかがえるので
「Faint(かすかな、わずかな)」望みというニュアンスなのではないかと推察します。

歌詞と和訳

[Mike Shinoda:]
I am a little bit of loneliness, a little bit of disregard
俺は少しの孤独と、少しの軽蔑

Handful of complaints,
ひと握りの不平でできている

but I can't help the fact that everyone can see these scars
これらの傷を周囲にみられることは、
どうしようもない真実さ

I am what I want you to want, what I want you to feel
俺はお前が望むような自分でいたいし、お前が感じるような自分でありたい

But it's like no matter what I do, I can't convince you, to just believe this is real
でも俺が何をしようとも、
これが真実だってことをお前を納得させることはできないんだ

So I let go watching you, turn your back like you always do
だから俺は、お前がいつものように向ける背中を見ている

Face away and pretend that I'm not
そっぽを向いて、俺などいないかのように振る舞っている姿を

But I'll be here 'cause you're all that I got
でも。俺はここにいるさ、
何故ならお前は俺の全てだから

[Chester Bennington:]
I can't feel the way I did before
もう昔のような感覚には戻れない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
俺を無視しないでくれ

Time won't heal this damage anymore
時間はこのダメージをこれ以上癒してはくれない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
そっぽを向かないでくれ

[Mike Shinoda:]
I am a little bit insecure, a little unconfident
俺は少し不安定で、少し弱気な部分がある

'Cause you don't understand I do what I can but sometimes I don't make sense
お前は俺ができる限りのことをしているってわかってくれないよな
時々わけのわからないこともするかもしれないけどさ

I am what you never wanna say, but I've never had a doubt
俺はお前にとって口にしたいような存在じゃない、
でも俺は疑ったことなどないさ

It's like no matter what I do I can't convince you for once just to hear me out
俺が何をしようがお前は俺の言うことを一度だって
最後まで聞いてくれやしない

So I let go watching you, turn your back like you always do
だから俺は、お前がいつものように向ける背中を見ている

Face away and pretend that I'm not
そっぽを向いて、俺などいないかのように振る舞っている姿を

But I'll be here 'cause you're all that I got
でも。俺はここにいるさ、
何故ならお前は俺の全てだから

[Chester Bennington:]
I can't feel the way I did before
もう昔のような感覚には戻れない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
俺を無視しないでくれ

Time won't heal this damage anymore
時間はこのダメージをこれ以上癒してはくれない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
そっぽを向かないでくれ

Now
なあ

Hear me out now
最後まで聞いてくれよ!

You're gonna listen to me, like it or not
俺の言うことを聞いてくれ!
気に入ろうがそうじゃなかろうが

Right now
今すぐに

Hear me out now
聞いてくれよ

You're gonna listen to me, like it or not
俺の言うことを聞いてくれ!
気に入ろうがそうじゃなかろうが

Right now
今すぐにさ!

I can't feel the way I did before
もう昔のような感覚には戻れないんだ

Don't turn your back on me
俺に背を向けないでくれ

I won't be ignored
無視しないでくれよ

I can't feel the way I did before
もう昔のような感覚には戻れない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
俺を無視しないでくれ

Time won't heal this damage anymore
時間はこのダメージをこれ以上癒してはくれない

Don't turn your back on me
俺に背を向けないで

I won't be ignored
そっぽを向かないでくれ

I can't feel
もどれないんだ

Don't turn your back on me
背を向けないで

I won't be ignored
俺を見てくれ

Time won't heal
時間は癒してくれないんだ

Don't turn your back on me
背を向けないで

I won't be ignored
俺をみてくれよ

洋楽歌詞から見る英会話の用例

「I can’t help~」
=仕方がない、どうしようもない、避けられない


「hear me out」
=最後まで聞いてくれ

Linkin' Parkのその他の曲

Linkin' Parkのオススメ曲

pagetop