意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

Queen – Another One Bites The Dust(地獄へ道連れ)(1980)

HOME > Queen – Another One Bites The Dust(地獄へ道連れ)(1980)

2019/04/05 (金) Queen – Another One Bites The Dust(地獄へ道連れ)(1980)

前書き

タイトルにもある「Bites The Dust」。
「Dust(ダスト)」は埃、チリ、埃っぽい地面のことです。
掃除用のモップをダストモップっていいますよね。その「Dust(ダスト)」です。

「Bite」は噛むの意味。
「Bites The Dust」をそのまま訳すと、「埃を噛む」となりますが、
これは「死ぬこと」「壊れること」を意味する慣用句です。

人が死ぬと倒れますが、この様子が「埃っぽい)地面を噛む」ような様子であること
から転じてこのような表現が定着しました。

「Another One」は別の誰かですので、タイトル全文「Another One Bites The Dust」では
「誰かが死ぬ」となりますね。

邦題は「地獄へ道連れ」ですが、

「Hey, I’m gonna get you, too
ヘイ、お前も同じく殺してやるよ」

この一文が邦題の意味が含まれた箇所だと思います。

「道連れ」はかなり意訳ぎみですが、誰かが死んでいくというコーラスの
繰り返しの後にくる「お前も同じく殺してやるよ」という流れから
「道連れ」という表現がピッタリはまります。

この曲の制作のいきさつ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」にも登場したワンシーンですが、
スタジオでおもむろにジョンがこの曲のベースラインを弾き始めます。
それを耳にしたフレディがフレーズを気に入り、曲作りがスタートします。

この特徴的なベースラインはディスコグループChicの “Good Times” にインスパイアされた
ものだとジョンは語っています。Chicの “Good Times”はこちら↓

うん。確かによく似ていますね。
1980年代を思わせるダンス・ミュージックのリズムとテンポです。

ちなみに「Another One Bites The Dust」はBHFという心臓専門の医療財団グループで
心肺蘇生術の訓練のBGMとして使われるそうです。BHFが推奨する心肺蘇生の圧迫回数は
毎分100~120回、それに対しこの曲のベースラインが毎分110回と丁度良いリズムを
刻むからということです笑。

この曲をバックに、まじめな顔で心肺蘇生用の人形を圧迫する集団。
なんともシュールな画ですね。

歌詞と和訳

Oh! Let's go!
レツゴー

Steve walks warily down the street
スティーブは通りを用心して歩いている

With the brim pulled way down low
帽子を深くかぶりながら

Ain't no sound but the sound of his feet
物音はなく、響くのは彼の足音だけ

Machine guns ready to go
マシンガンは準備万端

Are you ready, hey, are you ready for this?
いいか、ヘイ、準備はできてるのか?

Are you hanging on the edge of your seat?
手に汗握ってドキドキしているのか?

Out of the doorway the bullets rip
ドアの外では弾丸がさく裂して

To the sound of the beat
銃声がビートを刻む

Another one bites the dust
誰かがまた死ぬ

Another one bites the dust
誰かがまた死ぬ

And another one gone, and another one gone
一人逝き、そしてまた一人逝き

Another one bites the dust
違う誰かがまた死んでいく

Hey, I'm gonna get you, too
ヘイ、お前も道連れさ

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

How do you think I'm gonna get along
Without you when you're gone?
お前がいなくなって、一人になった俺は
どうなると思う?

You took me for everything that I had
お前は俺のものを全て奪って

And kicked me out on my own
俺を追い出したのさ

Are you happy, are you satisfied?
それで、幸せか?満足なのか?

How long can you stand the heat?
この厳しい状況をどれだけ持ちこたえられるんだ?

Out of the doorway the bullets rip
ドアの外では弾丸がさく裂して

To the sound of the beat
銃声がビートを刻む

Another one bites the dust
誰かがまた死ぬ

Another one bites the dust
誰かがまた死ぬ

And another one gone, and another one gone
一人逝き、そしてまた一人逝き

Another one bites the dust
違う誰かがまた死んでいく

Hey, I'm gonna get you, too
ヘイ、お前も道連れさ

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

Oh, take it
わかった

Bite the dust
死んでいく

Bite the dust
死んでいく

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

Another one bites the dust
誰かがまた死んでいく

There are plenty of ways that you can hurt a man
一人の男を痛めつける方法ならいくらでもある

And bring him to the ground
そして彼を打ち倒すんだ

You can beat him, you can cheat him
彼を打ち負かせることも、欺くこともできる

You can treat him bad and leave him when he's down
散々いたぶって、彼が死んだら逃げればいい

But I'm ready, yes, I'm ready for you
でも俺は準備できてるさ、ああ
お前に対してはな

I'm standing on my own two feet
俺はこの2本足で立っているさ

Out of the doorway the bullets rip
ドアの向こうでは弾丸がさく裂して、

Repeating to the sound of the beat
銃声のリズムが繰り返される

Another one bites the dust
また誰かが死んでいく

Another one bites the dust
また誰かが死んでいく

And another one gone, and another one gone
一人、そしてまた一人逝き、

Another one bites the dust
違う誰かが死んでいく

Hey, I'm gonna get you, too
ヘイ、お前も道連れさ

Another one bites the dust
また誰かが死んでいく

Shooter
撃て

Alright
オーライ

洋楽歌詞から見る英会話の用例

「Are you hanging on the edge of your seat?
手に汗握ってドキドキしているのか?」

=on the edge of one's seatでハラハラする、ドキドキする、手に汗にぎる。興奮するといった慣用句です。

「bite the dust」
=死ぬ、故障する、敗北する

QUEENのその他の曲

QUEENのオススメ曲

pagetop