意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

QUEEN – Bohemian Rhapsody(1975)

HOME > QUEEN – Bohemian Rhapsody(1975)

2019/01/14 (月) QUEEN – Bohemian Rhapsody(1975)

前書き

この曲を初めて聞いた中学生の時、歌詞の内容に唖然としました。
「ママ、銃で人を殺してしまった。銃で彼の頭を撃ち抜いて殺したんだ。」
え?今なんて?

その個所は中学生英語でも理解できる内容で、いきなり人を殺しただのいう
とんでもなく尖った歌詞が飛び出してきて驚いたものです。
前半のピアノパートからいきなり世界観がガラっと変わり、裁きを受ける
シーンではオペラが始まり、また転調してエレキギター全開のロック調へ。
目まぐるしく変わる曲構成に、6分という尺の長さも忘れて聴き惚れてしまいました。

当時、愛だの恋だの君に会いたいだのという恋愛偏重の歌詞に
辟易していた新春期の自分は幻想的な世界観を美しいメロディーに
載せる「クイーン」というバンドにどんどん引き込まれていきました。

歌詞と和訳

Is this the real life?
これは現実なのか

Is this just fantasy?
それともただのおとぎ話なのか

Caught in a landslide
地滑りに引き込まれたように

No escape from reality
現実から逃れることはできない

Open your eyes
Look up to the skies and see
目を開けて、空を見上げてみる

I'm just a poor boy, I need no sympathy
僕は貧しい少年だ、哀れみは必要ない

Because I'm easy come, easy go
たやすく手に入るものはすぐに逃げていく

A little high, little low
少しあがったり、少しさがったりするだけ

Anyway the wind blows, doesn't really matter to me, to me
何にせよ風は吹くのさ。自分には関係のないことさ

Mama, just killed a man
母さん、人を殺してしまったよ

Put a gun against his head
彼の頭に向かって引き金を引いたら

Pulled my trigger, now he's dead
すぐに死んでしまった

Mama, life had just begun
母さん、人生は始まったばかりなのに

But now I've gone and thrown it all away
僕はそれを全て投げ捨ててしまった

Mama, oh oh
Didn't mean to make you cry
母さんを泣かせるつもりはなかった

If I'm not back again this time tomorrow
明日、もし僕が帰ってこなくても

Carry on, carry on, as if nothing really matters
何事もなかったように暮らしてほしい

Too late, my time has come
もう手遅れさ、迎えの時はきた

Sends shivers down my spine
恐怖感に苛まれ

Body's aching all the time
全身を耐えがたい苦痛が襲う

Goodbye everybody I've got to go
みんなさようなら、もう行かなくちゃ

Gotta leave you all behind and face the truth
君を残していくよ、そして真実を直視しないと

Mama, oh oh (anyway the wind blows)
I don't want to die
母さん、死にたくないよ

Sometimes wish I'd never been born at all
時々いっそ生まれてこなければよかったと思うよ

I see a little silhouetto of a man
小さな男の影が見える

Scaramouch, Scaramouch will you do the Fandango
臆病者のスカラムーシュよ、ファンダンゴをおどるのか

Thunderbolt and lightning very very frightening me
稲妻と雷鳴がとどろき、僕を震え上がらせる

Gallileo, Gallileo, Gallileo, Gallileo, Gallileo, figaro, magnifico
ガリレオ、ガリレオ、ガリレオ、フィガロ(高貴な人よ)

I'm just a poor boy and nobody loves me
僕は誰にも愛されないただの貧乏少年

He's just a poor boy from a poor family
彼はただの貧困家庭の貧乏少年

Spare him his life from this monstrosity
彼のこのひどい人生を赦してやってはどうか

Easy come easy go will you let me go
その日ぐらしなのです、僕を許して

Bismillah, no we will not let you go, let him go
いや、お前を赦しはしない (赦してやれ!)

Bismillah, we will not let you go, let him go
いや、お前を赦しはしない (赦してやれ!)

Bismillah, we will not let you go, let me go
いや、お前を赦しはしない (赦してやれ!)

(Will not let you go) let me go (never, never let you go) let me go (never let me go)
(赦しはしない)赦して(絶対に許さない)赦して!(だめだ!)

Oh oh no, no, no, no, no, no, no
Oh mama mia, mama mia, mama mia let me go
神様お願いします、僕を行かせてください

Beelzebub has a devil put aside for me for me for me
ベルゼバブは僕のために悪魔を呼び集めた

So you think you can stop me and spit in my eye
だから僕に石を投げつけ、目に唾を吐きかけるのか

So you think you can love me and leave me to die
僕を愛しながら、見殺しにするというのか

Oh baby can't do this to me baby
そんなことはできやしないよ

Just gotta get out just gotta get right outta here
ここから逃げないと、早くここから出ていかないと

Oh oh oh yeah, oh oh yeah

Nothing really matters
何もたいしたことじゃない

Anyone can see
誰かわかるかい

Nothing really matters
たいしたことじゃないのさ

Nothing really matters to me
僕にとって気にするようなことじゃないのさ

Anyway the wind blows
どのみち風はふく

QUEENのその他の曲

QUEENのオススメ曲

pagetop