意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

Queen – I Want It All(1989)

HOME > Queen – I Want It All(1989)

2019/05/07 (火) Queen – I Want It All(1989)

前書き

1989年のアルバム「Miracle」からのシングル曲である「I Want It All」は
直訳すると「全て欲しい」となります。
野心を持ち、自分の目標のために闘う者達への応援ソングとなっています。

この曲のPVでは珍しいスーツ姿のフレディ他クイーンのメンバーを見ることができます。
少しふっくらした印象のフレディですが、ネクタイつきのスーツ姿とあいまって普通の
サラリーマンのようですね。

また、めずらしくアゴ髭も蓄えています。
これもいつもとはかなり異なった印象を与える要因の一つです。
しかしこれはファッションではなく、AIDSから来る肉腫の赤い斑点を隠すための髭です。
当時のフレディは既に病に侵されており、万全とはいえない状況で命を削るような
パフォーマンスを続けていました。

実際、この曲をフレディがライブで歌うことはありませんでした。
体調不良を理由に1987年を最後にライブ活動は休止しており、
1992年のフレディの追悼コンサートにてイギリス人歌手ロジャー・ダルトリー
によって歌われました。

さて、タイトルの「I Want It All(全て欲しい)」というメッセージについてですが、
訳してみるとこれはフレディやクイーンメンバー自身の言葉ではなさそうです。
野心をもって成功を掴もうとする若者たちの心の声「I Want It All」を代弁しているのです。
何か困難に直面した時、重圧に押しつぶされそうになった時にこの曲を聴くと
フレディの魂のシャウトが背中を押してくれるような気がします。

歌詞と和訳

Adventure seeker on an empty street,
何もない道の上の冒険者

Just an alley creeper, light on his feet
言わばわき道に這う者、成功を掴む

A young fighter screaming, with no time for doubt
若き闘う者が叫びをあげる、疑う時間もなく

With the pain and anger can't see a way out,
痛みと怒りで出口が見えなくなっている

It ain't much I'm asking, I heard him say,
大したことじゃない、
彼の声が聞こえたんだ

Gotta find me a future move out of my way,
未来を教えてくれ、このやりかたとは違う道を

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

Listen all you people, come gather round
皆聞いてくれ、
ここを取り囲んで

I gotta get me a game plan, gotta shake you to the ground
俺には計画があるんだ、
お前たちを地にひれ伏させる方法が

Just give me what I know is mine,
差し出すだけでいいんだ
俺のものを

People do you hear me, just give me the sign,
皆の者よ聞こえているか?
聞こえたなら合図しろ

It ain't much I'm asking, if you want the truth
大したことじゃないんだ、
真実を知りたいときは

Here's to the future for the dreams of youth,
若者の夢と未来に乾杯するんだ

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

I'm a man with a one track mind,
俺は不器用な人間だ

So much to do in one life time (people do you hear me)
全てを為すには人生は短い(皆の者聞いているか)

Not a man for compromise and where's and why's and living lies
俺は妥協したり、疑問を抱いて自分に嘘をついて生きる人間じゃない

So I'm living it all, yes I'm living it all,
だから全てやり遂げる、そうやり遂げるんだ

And I'm giving it all, and I'm giving it all,
そしてすべてを得る、全てを得るんだ

It ain't much I'm asking, if you want the truth,
大したことじゃない、お前が知りたいなら

Here's to the future, hear the cry of youth,
未来に乾杯し、若者の叫びを聞くんだ

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

I want it all, I want it all, I want it all, and I want it now,
全てが欲しい、全てが欲しい、全てが欲しい、今すべてが欲しいんだ

洋楽歌詞から見る英会話の用例

「light on one's feet」
=両足で立つ、幸運である、成功する

「one-track mind」
=ワンパターンな考え、枠にとらわれた発想や思考

「Here’s to ○○ 」
=○○に乾杯!、○○を祝して

QUEENのその他の曲

QUEENのオススメ曲

pagetop