意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

QUEEN – We Are The Chanpions(伝説のチャンピオン)(1978)

HOME > QUEEN – We Are The Chanpions(伝説のチャンピオン)(1978)

2019/01/14 (月) QUEEN – We Are The Chanpions(伝説のチャンピオン)(1978)

前書き

今日本をはじめ世界でクイーンの伝記的映画「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」が
大ヒットしています。この曲We Are The Chanpionsはその映画の中でもとても印象的なシーンで
使用されており、この歌詞の内容がその場面で痛いほど胸に刺さります。

この曲は海外のサッカーの試合会場でもよく耳にします。
勝利したサポーターがこの歌を大合唱し、勝利の余韻に浸るのです。
何万人の声がこだまするその光景は圧巻の一言です。

しかしこの曲の邦題伝説のチャンピオンってちょっと違和感が。。
なんかこれだとボクシングのチャンピオンというか実在するチャンピオンを
歌った曲のようですよね。まあ邦題ってえてしてそういうものか。。

歌詞と和訳

I've paid my dues
今まで多くの経験を積んできた

Time after time
何度も何度もね

I've done my sentence
与えられた罰を償ってきた

But committed no crime
罪など犯していないのに

And bad mistakes
I've made a few
何度か大きな過ちはおかしたかもしれない

I've had my share of sand kicked in my face
顔に砂をかけられるような経験をしたこともある

But I've come through
でも俺はそれを乗り越えてきたんだ

We are the champions, my friends
我々こそがチャンピオンだ、そうだろ友よ

And we'll keep on fighting 'til the end
最後まで戦い続けなきゃいけないんだ

We are the champions
We are the champions
我々はチャンピオンだ

No time for losers
負け犬のために割く時間などない

'Cause we are the champions of the world
なぜなら我々はチャンピオンなのだから

I've taken my bows
俺はお辞儀をして

And my curtain calls
そしてカーテンコールを迎えた

You brought me fame and fortune and everything that goes with it
君たちがこれほどまでの幸運と名声を自分に与えてくれたことに対して

I thank you all
本当に感謝しているよ

But it's been no bed of roses
でも安楽な生活などそこにはない

No pleasure cruise
遊覧船クルーズのようなね

I consider it a challenge before the whole human race
これは全人類を前にした挑戦なんだよ

And I ain't gonna lose
だから負けるわけにはいかないんだ

We are the champions, my friends
我々こそがチャンピオンだ、そうだろ友よ

And we'll keep on fighting 'til the end
最後まで戦い続けなきゃいけないんだ

We are the champions
We are the champions
我々はチャンピオンだ

No time for losers
負け犬のために割く時間などない

'Cause we are the champions of the world
なぜなら我々はチャンピオンなのだから

We are the champions, my friends
我々こそがチャンピオンだ、そうだろ友よ

And we'll keep on fighting 'til the end
最後まで戦い続けなきゃいけないんだ

We are the champions
We are the champions
我々はチャンピオンだ

No time for losers
負け犬のために割く時間などない

'Cause we are the champions of the world
なぜなら我々こそが世界のチャンピオンなのだから

洋楽歌詞から見る英会話の用例

この曲の内容に対しては当時「クイーンちょっと調子のってんじゃない?」といったような
批判があったようですが、歌詞をよく見ると自分たちのことを歌っているのではないですよね。

様々な苦悩や葛藤を抱えながら生きる人々全員が「勝者であり、チャンピオンなんだ」
と声高らかに歌うみんなへの応援ソングです。
フレディ自身も、成功にいたるまで自身の生い立ちや性癖などで様々な苦難がありました
がそのような経験がこの短い歌詞に込められていますね。

QUEENのその他の曲

QUEENのオススメ曲

pagetop