意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

Rediohead – Creep(1993)

HOME > Rediohead – Creep(1993)

2019/02/22 (金) Rediohead – Creep(1993)

前書き

Radioheadを一躍メジャーに押し上げた初期の大ヒット曲「Creep」。

とある女性に狂おしいほどの恋心を抱きつつも、
自分に自信がもてず何も行動を起こせない主人公の心情を歌った曲です。

陰鬱なメロディに乗せて、凪のようなコード進行から
サビ直前のガガーっというギター音とともに、負の感情が爆発します。

「僕は君の悪い(Creep)変人(weirdo)なんだよ」

けしてハイテンションなメロディはありませんが、
低いトーンの中でハイになれるような不思議な中毒性を持っています。

この曲はバンドの知名度を一気に向上させた半面、Radioheadを苦しめることにもなります。
これ以降しばらくヒット曲に恵まれず「Creep」だけの一発屋とされた時期もありました。
本人たちもあまり好んで演奏はせず、一番の有名曲なのにライブで聞けるのはレアな曲でした。

2016年にサマーソニックで来日した際は、オーディエンスの期待に応え「Creep」を披露。
イントロがなった瞬間、会場は大きな歓声につつまれました。

歌詞と和訳

When you were here before
前に君がここにいた時は

Couldn't look you in the eye
目を合わせることができなかった

You're just like an angel
君はまるで天使のようで

Your skin makes me cry
君の肌は心を震わせる

You float like a feather
In a beautiful world
君は羽毛のように
美しい世界を漂う

I wish I was special
僕も特別な人間だったらなあ

You're so fucking special
君は本当に特別な存在なんだよ

But I'm a creep
でも僕は薄気味悪いくそ野郎だ

I'm a weirdo
変人だ

What the hell am I doing here?
俺は一体こんなとこで何している?

I don't belong here
こんなとこにいる場合じゃない

I don't care if it hurts
傷つきたくないわけじゃない

I want to have control
ただ自制したいんだ

I want a perfect body
完全な肉体

I want a perfect soul
健全な精神

I want you to notice
君の視線が欲しい

When I'm not around
僕がそばにいなくても

You're so fucking special
君は特別なんだ

I wish I was special
僕も特別な存在になりたかった

But I'm a creep
でも僕はウジ虫野郎だ

I'm a weirdo
しかも変人だ

What the hell am I doing here?
こんなところで何をしてるんだ?

I don't belong here
こんなことしてる場合じゃないのに

Oh, oh

She's running out again
彼女がまた行ってしまう

She's running out
彼女が行ってしまうんだ

She run run run run
Run
ああ、いかないでくれ

Whatever makes you happy
君を幸せにするもの

Whatever you want
君が望むもの

You're so fucking special
君は本当に特別な存在だ

I wish I was special
僕も君にとってそうありたかった

But I'm a creep
でも僕は薄気味悪いくそ野郎だ

I'm a weirdo
変人なんだよ

What the hell am I doing here?
俺は一体こんなとこで何している?

I don't belong here
こんなとこにいる場合じゃないに

I don't belong here
君と一緒にいたいのに

Radioheadのその他の曲

Radioheadのオススメ曲

pagetop