意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

The Beatles – Back In The U.S.S.R

HOME > The Beatles – Back In The U.S.S.R

2020/04/24 (金) The Beatles – Back In The U.S.S.R

前書き

Back In The U.S.S.Rはビートルズの「ホワイトアルバム」および、
ベスト盤の「ブルーアルバム」に収録されたナンバーです。
どちらもアルバムでもオープニング曲となっており、リスナーのテンションを
一気に引き上げてくれるアゲアゲな一曲です。

この曲はポールが1968年に瞑想の修行中としてインドに滞在しているときに書かれました。
その際に同じく修行目的で滞在していたビーチボーイズのマイク・ラブとの会話の中から
着想を得たそうです。そのエピソードを紹介します。

ある朝ホテルの朝食時にレストランで
ポ「マイク、ちょっと聞いてよ、こんなのどう?「Back In The U.S.S.R~」なんて」
マ「いいね、じゃあソビエトの歌だしウクライナやモスクワの女性についても触れるべきだね。
 あと、『こころのジョージア』とジョージア(国名)をかけちゃったりして」
ポ「わお、それめちゃくちゃ面白いね、じゃあちょっとビーチボーイズになったつもりで
 書いてみるよ!」

という何気ない会話がきっかけだそうです。

そのためコーラス部分はビーチボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」を
インスパイアしたものになっており、曲名はチャックベリーの「バック・イン・ザ・U.S.A」
をもじったものとなっています。チャックベリーといえば「ロール・オーバー・ベートーヴェン」
なんかもビートルズとしてカバーしていますね。

ポールのユーモアと遊び心に溢れる曲作りへの探求心が
がなんともにくい名曲です。

歌詞と和訳

Oh, flew in by Miami Beach B.O.A.C.
マイアミビーチからBOACに載ってやってきた

Didn't get to bed last night
昨日は眠れなかったぜ

On the way the paper bag was on my knee
道中はずっと膝の上にゲロ袋を抱えてさ

Man I had a dreadful flight
ひどいフライトだったよ

I'm back in the U.S.S.R.
だけどかえってきたぜソビエトに

You don't know how lucky you are boy
君はどれだけ自分がラッキーかわかってないのさ

Back in the U.S.S.R. (Yeah)
かえってきたんだ祖国に

Been away so long I hardly knew the place
久々だから、思い出すのも一苦労だけど

Gee it's good to be back home
いやあ、やっぱり故郷ってのはいいもんだな

Leave it 'til tomorrow to unpack my case
荷ほどきするのは明日にして

Honey disconnect the phone
今日は電話も電源オフさ

I'm back in the U.S.S.R.
俺はソビエトに帰ってきたんだ

You don't know how lucky you are boy
自分がどれだけツいてるか、わかってないのさ君は

Back in the U.S.
帰ってきた

Back in the U.S.
帰ってきた

Back in the U.S.S.R.
帰ってきたんだよ祖国に!

Well the Ukraine girls really knock me out
ウクライナの女に俺はクラクラさ

They leave the West behind
西側の女なんか及ばないね

And Moscow girls make me sing and shout
モスクワの女は俺をハイにさせるから
歌っちまうんだ

That Georgia's always on my my my my my my my my my mind
「心のジョージア」をね!※

Aw come on!
カモン!

Ho yeah!
Ho yeah!
Ho ho yeah!
Yeah yeah!

I'm back in the U.S.S.R.
かえってきたぜソビエトに

You don't know how lucky you are boy
君はどれだけ自分がラッキーかわかってないのさ

Back in the U.S.S.R. (Yeah)
かえってきたんだ祖国に

Well the Ukraine girls really knock me out
ウクライナの女に俺はクラクラさ

They leave the West behind
西側の女なんか及ばないね

And Moscow girls make me sing and shout
モスクワの女は俺をハイにさせるから
歌っちまうんだ

That Georgia's always on my my my my my my my my my mind
「心のジョージア」をね!※

Oh, show me 'round your snow-peaked mountains way down south
おお、南側向かってにそびえる雪山を見せてくれよ

Take me to your daddy's farm
君の親父さんの農場に連れてってくれ

Let me hear your balalaikas ringing out
バラライカを弾いて聞かせてくれよ

Come and keep your comrade warm
君の同志として温かく迎えてくれよ

I'm back in the U.S.S.R.
かえってきたぜソビエトに

You don't know how lucky you are boy
君はどれだけ自分がラッキーかわかってないのさ

Back in the U.S.S.R. (Yeah)
かえってきたんだ祖国に

Oh let me tell you, honey
何度でも言ってやるよ

Hey, I'm back!
帰ってきたのさ!

I'm back in the U.S.S.R.
かえってきたんだ祖国に

Yes, I'm free!
俺は自由だ!

Yeah, back in the U.S.S.R.
かえってきたぜソビエトに!

洋楽歌詞から見る英会話の用例

BOAC
⇒英国海外航空。かつて存在した英国の航空会社 British Overseas Airways Corporation 略称:BOAC

U.S.S.R.
⇒ソビエト連邦(Union of Soviet Socialist Republics)の略称

Gee
⇒感嘆の声。おや!、まあ!等。

balalaika
⇒ロシア伝統のギターのような弦楽器。

The Beatlesのその他の曲

The Beatlesのオススメ曲

pagetop