意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

HOME > The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

2020/05/02 (土) The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

前書き

「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」は同名のアルバム「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」の冒頭を飾るタイトル曲です。
1967年の発売直後から記録的なセールスを残し、現在までにアメリカで1000万枚全世界で3000万枚以上を売りあげたとされています。
ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500でも堂々たる1位にランクインしており、音楽史に燦然と輝く名盤でることは間違いありません。

制作には相当な労力を要し、デビューアルバム「Please Pleas Me」が10時間足らずで録音されたのに対して、このアルバムは制作に130日もの時間がかかりました。

アルバムのジャケットはビートルズを中心に、多くの人物画映り込んだ集合写真を模したものになっています。
この中には下記のような様々なジャンルの著名人が多く含まれています。


・マリリンモンロー
・ボブ・ディラン
・エドガー・アラン・ポー
・カール・マルクス

中には5人目のビートルズと言われた元メンバーの「スチュアート・サトクリフ」氏の姿も。
左側にいますので是非探してみてください。
ちなみにジョンの希望でガンディーや、ヒトラーやキリストのパネルも用意されていたようですが
ガンディ-やヒトラーがキリストよりも大きかったため却下されたとのこと。

世界初のコンセプトアルバム

このアルバムは「世界初のコンセプト・アルバム」と言われており、史上初めてロックアルバムでグラミー賞を受賞した偉大な作品でもあります。
アルバム自体が架空のバンド「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド」のショーであるという設定で進行していきます。

冒頭のこの曲から架空の歌手「ビリー・シアーズ」が歌う次の「With A Little Help From My Friends.」へは曲が途切れることなく続いていきます。そして最後にテーマ曲がもう一度演奏された後、アンコールの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で幕を閉じるという形です。

近年ではグリーンデイの「American Idiot」やマイケミカルロマンスの「The Black Parade」なんかも
大きなヒットを飛ばしたコンセプトアルバムですが、ビートルズがその先駆けとなっていたのです。

歌詞と和訳

It was twenty years ago today
それは20年前の今日の事

Sergeant Pepper taught the band to play
ペッパー軍曹がバンドに演奏を教えこみました

They've been going in and out of style
彼らは流行に乗ったり、乗らなかったり色々ありましたが

But they're guaranteed to raise a smile
皆様にはきっと喜んでいただけるはずです

So may I introduce to you
ではご紹介しましょう

The act you've known for all these years?
もうすでに皆さんご存知の事でしょう

Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band
サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドです

We're Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band
私たちはサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドです

We hope you will enjoy the show
このショーを楽しんでいただけると幸いです

We're Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band
私たちはサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドです

Sit back and let the evening go
ゆっくりと腰かけて素敵な夜をお過ごしください

Sergeant Pepper's lonely, Sgt. Pepper's lonely
サージェント・ペッパーズ・ロンリー、サージェント・ペッパーズ・ロンリー

Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band
サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドです

It's wonderful to be here
さあ素晴らしい瞬間です

It's certainly a thrill
わくわく間違いなし

You're such a lovely audience
本当に素敵なお客さんばかりです

We'd like to take you home with us
できれば家に連れて帰りたいくらいですよ!

We'd love to take you home
(家に連れて帰りたいくらい!)

I don't really want to stop the show
ショーを止めたくはないのですが

But I thought that you might like to know
ここでお知らせしておきましょう

That the singer's going to sing a song
今日歌を披露する素敵なシンガーを

And he wants you all to sing along
皆さんご一緒に歌いましょう

So let me introduce to you
ではご紹介いたします

The one and only Billy Shears
稀代のシンガー、ビリー・シアーズです!

And Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band, yeah
そしてサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドです!

洋楽歌詞から見る英会話の用例

go in and out of style
⇒〔流行などについて〕一時的に脚光を浴びるがすぐ人気がなくなる、はやり廃りがある

The Beatlesのその他の曲

The Beatlesのオススメ曲

pagetop