意味が分かると洋楽はもっと楽しい

wayapoロゴ

wayapoロゴ

The Beatles – Till There Was You

HOME > The Beatles – Till There Was You

2019/11/23 (土) The Beatles – Till There Was You

前書き

なんて詩的で美しい歌詞でしょうか。
ポールの囁きかけるような甘いヴォーカルと心地よい旋律に
思わず聞きほれてしまいます。

今日ご紹介するのはThe Beatlesの2ndアルバム「With The Beatles」に
収録されている「Till There Was You」です。

こちらの曲はThe Beatlesのオリジナル曲ではなくもともとは1950年代後半に
ミュージカルの劇中歌としてメレディス・ウィルソンの手によって書かれたものです。

1960年代をはじめ多くのアーティストによってカバーされ、愛されてきた楽曲です。
その中でもポールが参考にしたのはアメリカの歌手ペギー・リーによるもの↓。

ポールのものと比較し、かなりスローテンポですね。

ポールはこの曲をThe Beatlesの活動初期からレパートリーに加えており、
かれらがメジャーになるハンブルグでの巡業時代から度々演奏されてきました。
The Beatles解散後のポールのソロコンサートでも、セットリストに入ることも
あるほど本人にとってもお気に入りのナンバーとなっています。

歌詞と和訳

There were bells on a hill
丘の上には鐘があった

But I never heard them ringing
でも僕はそれが鳴っているのを
一度も聞いたことが無かった

No, I never heard them at all
そう、一度だって鐘は鳴らなかった

Till there was you
君に出会うまではね

There were birds in the sky
空には鳥たちがいるのが見えた

But I never saw them winging
でも、彼らが羽ばたいている
ところを見たことがなかった

No, I never saw them at all
そう、一度だってなかったのさ

Till there was you
君に出会うまでは

Then there was music and wonderful roses
素敵な音楽が流れ、見事なバラが咲き誇り

They tell me in sweet fragrant meadows
それらが僕を芳しい草原へと誘うんだ

Of dawn and dew
朝露とともにね

There was love all around
愛はどこにでも有るかに見えたけど

But I never heard it singing
本当の愛の歌を聞いたことはなかったよ

No, I never heard it at all
一度だってね

Till there was you
君に出会うまでは

Then there was music and wonderful roses
素敵な音楽が流れ、見事なバラが咲き誇り

They tell me in sweet fragrant meadows
それらが僕を芳しい草原へと誘うんだ

Of dawn and dew
朝露とともにね

There was love all around
愛はどこにでも有るかに見えたけど

But I never heard it singing
本当の愛の歌を聞いたことはなかったよ

No, I never heard it at all
一度だってね

Till there was you
君に出会うまでは

Till there was you
そう、君に出会うまでは

The Beatlesのその他の曲

The Beatlesのオススメ曲

pagetop